Honey Woodsのブログ | 生はちみつのお取り寄せなら京都・彼岸山の養蜂家【Honey Woods】香り高く安心な国産はちみつ

Honey Woods
ブログ
2021年08月01日 [Default]

彼岸山蜂蜜のディナーデザートと念願のご対面💕(2021/8/1)

210801-1
彼岸山はちみつのディナーデザートを提供していただいている、京都・嵐山のMUNI ALAIN DUCASSE。
ディナーを予約して、楽しみにしていたデザートとご対面をしてきました。
京都彼岸山の蜂蜜 レモンとオリーブオイル。
見てください、このお洒落感(笑)
210801-2
コースターはミツバチたちが作ってくれた巣盤がそのまま使われています。
見た目の通り非常に軽くて繊細で、採取から郵送に至るまでとても気を遣いました。
デザートは蜂蜜のエスプーマとビーポーレンのサブレ、柑橘のマーマレードが絶妙にマッチして、甘味と酸味のハーモニーが素晴らしい。
210801-3
見た目も味も香りも全てが、花丸です。
彼岸山蜂蜜のデザートとの念願のご対面は、愛おしいようなこそばゆいような、何とも表現し難い気持ちでした。
この一品に彼岸山の風と自然の豊かさを、ぎゅっと詰め込んて頂けて、とても幸せでした。
本当にありがとうございます。
210801-4
コースメニューも最初からお楽しみの連続でした。
少しだけ紹介します。
210801-5
ブロッコリーと黒トリュフ。
色あいも美しく、もう芸術です。
食べるのがもったいない。
210801-6
花ズッキーニのファルシとキャビア・ゴールド。
210801-7
メインディッシュ、京丹波平井牛フィレ肉のアンクルートビーツ。
210801-8
ランチとは違うフロアで楽しむ、ディナー。
オトナの雰囲気が漂っていますよね。
お腹も心もいっぱいに満たされて、幸せなひと時でした。
もちろん気軽に足を運べる値段ではないですが、一度堪能すると、ボクのような一般庶民でもまたきっと行きたい、そのために頑張ろうと思わせてくれる、全てが行き届いたおもてなしの数々でした。

大切な人と特別なひと時を。
日々頑張る自分へのご褒美に。
是非、おススメします。

210801-9
帰りの渡月橋には誰も人がいませんでした。
長引くコロナ禍のおかげで京都随一の観光地にも人影が無くなってしまいました。
実に寂しいです。
早くコロナが収束して、この素晴らしいMUNI KYOTOさんのディナーを世界中の人たちが楽しめるようになってほしいです。

PageTop