Honey Woodsのブログ | 香り高く安心な国産はちみつは、京都・彼岸山の養蜂家【Honey Woods】にお問い合わせください。

Honey Woods
ブログ
2018年09月02日 [Default]

オオスズメバチ初襲来。さらに、凄い台風が・・・。

9月に入り、彼岸山でも秋風を感じるようになってきました。
暑さも一段落、今日は25度と比較的過ごしやすい一日でした。
ミツバチたちも産卵が活発になり始め、白や黄色の花粉をたくさん運び込んでいます。
一方、とうとうオオスズメバチの飛来の季節になりました。今年は今日が初襲来、カバーを付けていない巣箱に集結し、4~5個体で執拗に攻撃してきます。すべての巣箱にカバーをセットし、オオスズメバチをおとりにした粘着シートをいくつか準備。何とかこれで11月まで凌ぎます。
そして、心配なのは台風21号。今の予報では、先週の台風20号とよく似たコースをたどり、京都を縦断しそうです。しかも勢力が相当強いようで、現在935hpa、最大瞬間風速70m/sとのこと。京都を通過するのは、9月4日の日中になりそうです。
台風20号の時は雨除けの波板が重しごと飛ぶ程度で済みましたが、今回はどうなるでしょうか。
巣箱の上に重しをできるだけたくさん置いて、機材ボックスを小屋内に収納しました。
自然の猛威を前にあまりできることはありませんが、巣箱が転覆しないことを祈るばかりです。

180902-1
涼しい風が吹いて、気持ちのよい天気。内検も、随分楽に感じます。

180902-2
気温がやや下がり、女王の産卵活動が活発になってきました。
そして、秋の花が咲き始めたのか、多くのミツバチが白い花粉を頻繁に持ち帰ってきます。随分近いところから運んでいるようです。
今、山裾で多く咲いているヌルデの花粉かもしれません。

180902-3
とうとう来ました、オオスズメバチ。
180902-4
巣門前にミツバチの死骸がほとんどないことを考えると、今日が今季初襲来の日です。
ちょうど内検日と重なっていて助かりました。飛来したオオスズメバチは生け捕りにして、粘着シートのおとりに使います。
これで何とかオオスズメバチの攻撃が弱くなる11月までを凌ぎます。酷いときはカバーを噛み破るらしいので、予断を許しません。

180902-05
目下の心配事は、近づきつつある台風21号です。予報では、相当強い勢力を保ったまま上陸しそうです。風速45m/s以上の「非常に強い」まま上陸したら、なんと25年ぶりとのことです。
今できることと言えば、重しを増やして機材を倉庫に片付けるくらい。。
あとは運を天に任せて過ぎ去るのを待つしかありません。

180902-6
どうかご無事で・・・。

PageTop