Honey Woodsのブログ | 香り高く安心な国産はちみつは、京都・彼岸山の養蜂家【Honey Woods】にお問い合わせください。

Honey Woods
ブログ
2018年09月04日 [Default]

台風21号通過後チェック。

日中に京都を縦断した台風21号は、体験したことのないくらい強烈な風が吹き荒れました。
京都気象台の瞬間最大風速は39.4m/s(14:34)、時速に換算すると141.8kmです。
台風が過ぎ去った夜に、彼岸山を点検してきました。
山に向かう道中は信号が停電で作動しておらず、街路樹や看板が倒れて通行止めがあちらこちらに。
林道が荒れて車では上がれず、ふもとから徒歩で彼岸山に向かいました。
心配していた蜂場は、ほぼ被害なしでした。樹林内で風が弱まることが大きいように思います。
また、微力ながら事前に施した台風対策も少しはよかったようです。重しを2つ乗せた巣箱は、波板の下に敷いたズレ防止シートが効果を発揮らしく、無傷でした。会社のBCP対策で棚の上に敷いているこのシート、かなり効果があることを実感できました。
倒木もありましたが、運よく山小屋を避けるように倒れていて助かりました。ホントに運がよかっただけですが・・・。
改めて、自然の猛威を直に感じるところで活動しているんだなぁ、と思います。
それにしても、最近の気候や気象は極端ですね。
暑さにしても寒さにしても、台風や豪雨にしても、今の地球からは起こった事象を和らげるバッファ(緩衝帯)が急速に失われているような気がしてなりません。
今回も何とか持ちこたえてくれたミツバチたち。
しかし、この先もこの極端な試練が毎年のように襲い掛かってくるのでしょう。
我々にできることは何なのか、一人ひとりが考え行動しなければならないときに来ているように思います。

180904-01
奇跡的にほぼ無傷でした。風で継箱が散らかったくらいです。森の中は、防風効果が高いんでしょうね。
木々も単独では根ごと倒れますが、森の形態になっていると、木々が立方体となって風を跳ね返してくれます。
180904-002
ズレ防止シート。これがあるだけで波板が巣箱から飛ばされずに済みました。
180904-03
ミツバチたちもやれやれ、といった表情です。
180904-04
山小屋のそばのコナラが折れて倒れていました。こちらも奇跡的に山小屋に当たらず、無事。
落ちてきた木はこれだけでも1トンほどあると思います。山小屋に当たれば、屋根に穴があくでしょう。
180904-05
倒木の上で呑気に休んでいたアオマツムシ。
台風一過の夜は、アオマツムシとマツムシの大合唱でした。

PageTop