Honey Woodsのブログ | 香り高く安心な国産はちみつは、京都・彼岸山の養蜂家【Honey Woods】にお問い合わせください。

Honey Woods
ブログ
2018年10月19日 [Default]

濃霧の彼岸山。

181019-1
彼岸山があるここ亀岡市は、霧が深いことでも有名です。
特に晩秋になると、夜間の放射冷却によって日中との気温差が大きくなり、朝方は深い霧に包まれます。ボクは子供の頃からこの霧が大好きでした。だって、霧が晴れたら、快晴が待っているのですから。
でも、ミツバチたちにはちょっと迷惑かも。霧が出ている間は、ミツバチたちは巣箱から出てきません。霧が晴れて陽射しが巣箱に注ぎ始めると、ようやく活動を始めます。
1810192
しばらく見に行けていないうちに、随分とオオスズメバチにもやられたようです。
死骸が累々と摘み上がっています。
でも、巣箱の中にはまだまだぎっしりとミツバチたちが。大丈夫です。
181019-3
霧が晴れて、陽射しが巣箱に注ぐと、ミツバチたちは次々と飛び出していきます。
今日も、秋の草花の花粉をせっせと集めて来ていました。
内検すると、巣房の中に貯蔵されている花粉の塊がポロポロと零れ落ちます。
集めて食べてみると、ほんのり甘くて香りのあるきな粉みたい。とてもおいしいです。
この花粉の塊は「ビーポーレン」と呼ばれ、最近栄養価の高い食材として注目され始めています。美容や健康にも良いようですよ。
181019-4
危ない、大きな王台を見落としていました。
女王蜂として羽化する前に、働き蜂が処理してくれたようです。助かりました。
181019-5
夕日が落ちるまで作業。
空気が澄んで気持ちのよい一日でした。
ちょっぴり寂しい故郷の夕景です。


PageTop