Honey Woodsのブログ | 香り高く安心な国産はちみつは、京都・彼岸山の養蜂家【Honey Woods】にお問い合わせください。

Honey Woods
ブログ
2020年05月30日 [Default]

恒例の繁忙期。(2020/5/30)

毎年恒例の繁忙期が始まりました。
貴重な作業日には、キビタキの囀りが始まる夜明け前からフクロウが鳴く夜まで蜂場で作業をしています。
この時期は採蜜と内検、分蜂抑制の一方で新女王育成と、体力が続く限りフル活動です。
養蜂家はこの一か月間の収穫のために、一年を地道に費やすと言っても過言ではないでしょう。
しかし、採蜜よりも内検が好きなボクにとっては、急激な貯蜜量の増加はそれなりに恐怖でもあります。この季節だからこそじっくりとミツバチに向き合いたいと思っているのですが、毎年それが叶わないまま時が過ぎていきます。
時間管理も体のケアも、しっかりセルフコントロールをしないといけませんね。
養蜂シーズンの佳境、元気に乗り越えたいと思います。
200530-1
蜜枠でずっしりした継箱は、一つでも30kgを超えます。これを担いで山小屋まで運ぶのは、なかなかの筋トレです。
山小屋にて採蜜作業。新しく導入した遠心分離機の動きがよくて、随分助けられました。
200530-2
5月最後の春百花の蜂蜜です。
搾りたての蜂蜜はキリっとした甘さがあります。
200530-3
(左)見たこともないほど大きかった王台から・・・極小の女王が生まれました(笑)
サイズに比例して多産するかと言えばそうでもないのですが、やっぱりサイズを期待してしまいます。
(右)オオスズメバチの女王様が偵察にやってきました。
200530-4
19時過ぎの蜂場。
何とか作業をやり切りました。
限られた作業日が雨で流れたら、と思うとぞっとします。

PageTop