Honey Woodsのブログ | 香り高く安心な国産はちみつは、京都・彼岸山の養蜂家【Honey Woods】にお問い合わせください。

Honey Woods
ブログ
2020年09月26日 [Default]

ダニチェック。(2020/9/26)

彼岸山の麓の水田地帯では彼岸花が咲き始めました。秋の花が多く咲き始めたようで、花粉の運び込みが活発になるとともに、女王蜂の産卵数も増えています。
一方、この時期見えないところで進行するのが、ダニ被害です。
セイヨウミツバチにはミツバチヘギイタダニというダニが寄生し、ダニの寄生率が高くなると群の成長を著しく阻害します。
このため、群に寄生するダニの動向には、いつも気をつけておかねばなりません。
今日はシュガーロール法という古典的なチェック方法で、全群のダニチェックを行いました。
いくつかダニの寄生が確認された群が見受けられたので、越冬に入るまでに対処しつつモニタリングを行うつもりです。
そして、ようやくオオスズメバチさんの襲来が始まりました。
例年より一か月近く遅い襲来で、個体数も少ないですが、これから増加してくるのでしょう。

秋の増勢が群の越冬の可否を決定づけます。
ダニやスズメバチの侵攻をしっかりと食い止めて、健全な群の育成に努めます。

https://honeywoods.theshop.jp/
#彼岸花
#にっくきミツバチヘギイタダニ
#ようやくオオスズメバチも
#彼岸山はちみつ
#HoneyWoods
#京都産天然蜂蜜

200926+1
木々の葉もゆっくりと色づき始めました。
200926+2
シュガーロール法。
ケーキ作りなどにつかう粉砂糖をミツバチに振りかけてシェイクします。
ミツバチヘギイタダニは育児蜂の横っ腹に取り付いていますが、粉糖がかかると脱落します。
バットにシェイク後の粉糖を広げて、脱落したダニの個体数を数えます。
数えられるほどダニがいれば、すでにその群にはダニが蔓延しているということになります。
2009269+3
粉糖上に脱落したダニです。
成ダニは育児蜂の横っ腹に取り付いて主に脂肪分を吸っており、ミツバチの幼虫に産卵して個体数を増やします。
パン食い競走して帰ってきたような粉糖まみれの個体ですが、他の蜂がなめとったり羽ばたいて粉を飛ばしたりして、瞬く間に綺麗になっていきます。
200926+5
ようやく襲来が始まったオオスズメバチ。
しかし、例年に比べると格段に個体数が少ないです。
虫採り網で一網打尽です。

PageTop